データによると男の人の半数以上が仮性包茎であると言われています

データによると男の人の半数以上が仮性包茎であると言われています。
男の人の中には、仮性包茎であることを煩悶して手術を考慮している方も増大しているそうです。だが、この頃では、仮性包茎には執刀を不要としているという話もあります。
仮性包茎に劣勢感を持ち、診療を熟考している方は、何はともあれ診療所での専門医に相談してから、決意しても遅すぎることはありません。入念に考慮することが大切です。

男性の場合産後すぐに包茎手術をする事がなく、大多数の男性は包茎だと思われます。
仮性であればあまり問題もありませんが、カントン包茎や真性包茎の場合は衛生面や機能を考えると手術をした方が良い場合が多いようです。泌尿器科で手術をした場合のみ保険適用になるそうです。
ただ術後の仕上がりを考えると専門のクリニックの方が安心だと思います。値段はかかりますが、生きている限り毎日目にする部分なので、綺麗にしたいものです。

日本人の大多数の成人男性は包茎です。
海外では生まれた頃に手術をする事がほとんどです。宗教上の理由があるようですが、どちらかといえば習慣のようです。最近では少々残酷だと言われて見直す方も多いようです。
ただし全然メリットがないとはいえず、HIVになりにくいという報告もあり、発展途上国でHIVの感染が多い国等では包茎手術をする事をすすめています。他にも綺麗に保てるのメリットがあります。